あなたには最低限の食の常識はありますか?

寿司の種類!いなりずしの由来・語源・発祥は?!


稲荷寿司とは?
稲荷寿司(いなりずし)とは、甘く、あるいは甘辛く
煮付けた油揚げを袋状に開いて、すし飯(酢飯)や炊き込みご飯、
混ぜご飯を詰めたものをいいます。中には、その上から煮あげた
干瓢などで縛ることもあります。

昔から高級寿司店ではあまり売られていることがなく、
庶民的なお寿司として食されてきました。でも、
なぜ稲荷寿司と呼ばれるのか知っていますか?
今回は、このことについて紹介してみたいと思います。


稲荷寿司の由来・語源は?
「いなり寿司」のことを「お稲荷さん」「お稲荷」「いなり」と
呼ぶことがあります。この「おいなり(稲荷)さん」とは日本の
神の一つである「稲荷神(稲生り=お米が出来ることを司る神様)」
のことを指します。そしてこの稲荷神を祭る神社を
「稲荷神社」といい、稲荷神社のことを「お稲荷さん」と
呼ぶこともあります。

この、稲荷神の遣いが狐であり、キツネの好物が
油揚げであることから、油揚げを使った寿司のことを
「いなり寿司(稲荷寿司)」と呼ぶようになったという説があります。

しかし、キツネは肉食のため油揚げを好物とすることは
不自然なので、これとは別に稲荷神にそなえる物具として、
米俵を象徴した寿司が「稲荷寿司」と呼ばれ、ここから
逆に狐の好物が油揚げとなったとも考えられています。

また、別の説では単に油揚げがキツネ色だから
という説もあります。


どうしてキツネが稲荷神の遣いなの?
稲荷神の別名は「御食津神=みけつかみ」といいますが、
誰かがこの「みけつかみ」を「三狐神=みけつかみ」という風に
こじつけたことで、キツネはお稲荷様のお使いという伝説が
出来上がったようです。


稲荷寿司発祥の地は?
発祥の地としては愛知県豊川市が有名です。
稲荷との関係が深く、豊川稲荷の門前町でも古くから
「いなり寿司」が販売されてきました。発祥の地という
ことだけあって、いなり寿司の上に愛知県名物の
みそカツを載せたものや鰻を載せたものなど、
創作いなり寿司もあるようです。


稲荷寿司は別の呼び方もあるの?
「お稲荷さん」「揚寿司(あげずし)」
「きつね寿司」とも呼ばれます。


関東と関西では稲荷寿司の作り方が違うの?
関東では油揚げの中に酢飯を入れ、関西では
混ぜご飯や炊き込みご飯を入れるようです。
また、形も関東では米俵に模して四角に仕上げ、
関西では狐の耳に模して三角形に仕上げるようです。

『すしの常識』 一覧に戻る | EDIT
すしの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数