あなたには最低限の食の常識はありますか?

寿司の種類!バッテラとは?


バッテラってなに?


バッテラとは


 酢で締めた鯖 ( サバ ) と

 薄い透明な昆布 ( 白板昆布 ) をすし飯の上に乗せて、

 長方形の押し型を使って押し込んで作る棒寿司



のことをいいます。

バッテラと似たものに 鯖寿司 がありますが、
こちらは押し型を使わないで作るので区別されています。


もとは関西寿司の一つなので、関西ではお馴染みのすしですが、
関東では最近まで あまり馴染みがないお寿司でもあります。


どうしてバッテラと呼ばれるの?


バッテラという名は日本語ではなく、
ポルトガル語からきているそうです。

バッテラは、明治26 ( 1893 ) 年に
大阪・順慶町 ( 現中央区南船場 ) にあった すし店「 鮓常 」 の
中恒吉 ( なかつねきち ) が考案したものとされています。


当初は、当時大阪でたくさん捕れた
コノシロ ( コハダの成魚 ) を用いていました。

真ん中が太く、シッポのピンとあがった形がボートに見えたところから、
大阪人がポルトガル語で小舟のことを意味する


 bateira ( バッテイラ )


と呼ぶようになり、現在の 「 バッテラ 」 と定着していったようです。

しかし、なぜポルトガル語なのかは謎のようです。


これは私の推測ですが当時の日本では、


 「 てんぷら 」    「 カステラ 」   「 キャラメル 」


など、ポルトガル語が由来となっている食べ物が増えていたため、
ポルトガル語で呼ぶことが粋だと考えられていたのかもしれません。


コノシロからサバへと変わった理由は?


コノシロの値が上がったためサバが用いられるようになりました。
形もボート形ではなく細長い角形へと変わっていったそうです。


バッテラは青魚が苦手な人でも大丈夫?


バッテラは青魚を使っていますが、
握り寿司とは また違った感覚で食べることができます。

そのため、青魚の苦手な方でも
バッテラなら別物だと感じることができる思います。

特に、サバに脂の乗ったものは最高です。

機会ああったら是非試してみてください。

『すしの常識』 一覧に戻る | EDIT
すしの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数