寿司の種類と基本!軍艦巻きってなに?


軍艦巻きってなに?


軍艦巻きとは、


 握ったすし飯の側面に細長いのりをぐるりと巻き、

 すし飯の上にすしダネを盛ったもの



です。

こぼれやすくて握るのが難しい
ウニ や イクラ などに使われる握りの方法です。


昭和初期頃までは、ネタに使われるのは魚貝の刺身のみだったようで、
軍艦巻きは存在しなかったようです。

昭和16年頃、客からの珍しい寿司を食べたいという要望から
イクラの寿司を使用しましたが、酢飯の上に載せても
こぼれ落ちてしまうので、酢飯を海苔で囲む


 軍 艦 巻 き


のアイディアが生まれたそうです。

現在は、


 イクラ  ・  ウニ  ・  シラウオ

 ネギトロ  ・  トビコ



など、いろいろなネタが軍艦巻きにされていますが、
最初に作られたのはイクラだそうです。

ちなみに、名前の由来は横から見ると軍艦を思わせる形から
軍艦巻きと呼ばれるようになったのが語源とのことです。


軍艦巻きについてはこんな感じです。

参考にしてください。