あなたには最低限の食の常識はありますか?

すしの基本!美味しいお寿司の条件と食べ方は?


せっかくお寿司を食べるなら、美味しく食べるための
条件を知っておいた方がいいですよね。

そこで今回は、すしを美味しく食べるための
条件について調べてみました。


魚は捕れたてが一番美味しいの?


基本的には新鮮なものの方が美味しいのですが、
全てがそうとは限りません。

魚は鮮度が一番とよく言われます。
しかし、種類によっては締めた直後は身が締まりすぎて食べづらく、
味も旨みが少なかったります。

生マグロ や 白身魚、鰹 ( かつお ) といった魚は、
肉と同様にある程度時間が経ったものの方が美味しくなるようです。

そのため、こだわっているお寿司屋さんなどでは、
ネタを寝かせる ( 熟成させる ) 仕事をすることもあります。


どれくらい寝かせればいいの?


朝水揚げされて締められたものなら、
その日の夕方以降が最高の状態です。


それなら活造料理はあまりよくないの?


そうとは限りません。

活け造りは 「 歯ざわりを楽しむ料理 」 なので、
味を楽しむものとはまた違った楽しみがあります。
また、雰囲気も変わってくるので これはこれでまた良いようです。


鮮度が良いほど美味しいネタにはどんなものがあるの?


イカは新鮮なものほど透明感が高く、甘みを楽しめます。
また、ホタテや赤貝といった貝類は新鮮なものほど生臭さが無く、
甘みがあり、歯ざわりも良くなります。


握られたシャリはフワッとしているのがいいの?


ポイントは口の中に入れたときに、フワッと寿司飯が
口の中に広がるような握りがいいとされています。

箸で摘んでも崩れず、口の中ではシャリが簡単に
崩れるように握るには、シャリの中心部に
空気を含ませるように握ることがポイントのようです。


ネタは厚いほうが美味しいの?


好みにもよりますが、例えばマグロの赤身は厚めで、
脂の多いトロは薄めの方が すし飯とのバランスは良くなります。

大切なのは口の中に入れた時の すし飯とネタとの
バランスが良いかどうかが美味しさにも繋がるようです。


すし飯の温かさで一番いい温度は?


人肌くらいの温かさが一番美味しいとされています。

出前や持ち帰り寿司、回転寿司の場合は握ってから時間が
経っているものが多いので すし飯の温度は下がってしまい、
美味しさは半減してしまいます。

やはり、寿司は鮨屋で握りたてを食べることが
一番美味しいんですね。


ネタの温度はどれくらいがいいの?


ほとんどのネタは ネタケース という冷蔵庫に入っているので、
冷たいものは冷たく、穴子など煮たり火で炙ったりするものは
熱いのが一番いいとされています。

玉子焼きは冷蔵庫で冷ましたものではなく、
作られたばかりの玉子焼きが一番美味しいようです。


握り寿司は出されたらすぐに食べるのがいいの?


食べるタイミングは、出されたら
すぐに食べるのが一番美味しいようです。

出されて そのままにしておくのは
見た目もあまり良くないので、すぐに食べるのをお勧めします。


美味しいお寿司の条件と食べ方についてはこんな感じです。
これらのことを知っていると、お寿司屋さんに行ったときにも
お寿司を楽しみながら食べることができると思います。

参考にしてください。

『すしの常識』 一覧に戻る | EDIT
すしの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数