珈琲の基本!生豆ってなに?


『 コーヒーの生豆について理解してみよう 』


お店で目にするコーヒー豆は熱を加えて
こんがりと焙煎されているので茶色や黒色をしていますが、
焙煎する前は緑色をしています。

この豆のことを


 生 豆 ( なままめ )


と言います。

この生豆は、一体どのようなものだと思いますか?
わからない方も多いと思います。


そこで今回は、この生豆についてまとめます。


生豆ってなに?


生豆とは、


 熱を加えて焙煎される前のコーヒー豆


のことです。

もう少し詳しく説明すると、コーヒー豆とは


 コ ー ヒ ー ノ キ


という植物の種です。

まずは、この木に生るブドウのような
小くて赤い果実を収穫します。

見た目が サクランボ のようにも見えるので、


 コ ー ヒ ー チ ェ リ ー


とも呼ばれています。

この コーヒーチェリー の果肉を取り除くと
種が 2粒 入っているのですが、
この種を精製することで 生豆 ができるわけです。


しかし、この 生豆 には私たちが馴染み深い
コーヒーの香りと味はありません。

この段階では まだ青臭い農作物といった感じのものになります。


収穫した時期の豆は緑色なので


 グ リ ー ン  とか  グ リ ー ン ・ コ ー ヒ ー


とも呼ばれています。

グリーン・コーヒーと聞くと


 「 飲めるんじゃないの? 」


と思われるかもしれませんが、
残念ながらこのままで飲むことができません。

飲むためには


 焙 煎


する必要があります。

そこで次回は、『 焙煎 ( ロースト ) ってなに? 』 についてまとめます。