あなたには最低限の食の常識はありますか?

珈琲の基本!焙煎(ロースト)の種類は?


『 焙煎の種類を把握してみよう 』


焙煎の種類は?


焙煎には いくつかの種類がありますが、これは加熱の


 温度  と  時間


によって決まってきます。

この焙煎の度合いのことを


 焙 煎 度


と言いますが、大まかに以下の 3 つ に分かれています。


  • 浅 煎 り ( あさいり )
  • 中 煎 り ( ちゅういり )
  • 深 煎 り ( ふかいり )


です。


焙煎度の低いものが 浅煎り で、焙煎時間が短いのが特徴です。

一方、焙煎度の高いものが 深煎り と呼ばれるもので、
焙煎時間は長くなります。


色は 浅煎り の方は明るい褐色で、
深煎り になるほど黒に近づいていきます。


風味の違いは、浅く煎ったものは 酸味 が強く、
深く炒るほど コク が出て苦みも強く感じられるようになります。


さらに、カフェインも浅煎りの方が多く含まれる傾向にあります。

焙煎の仕方によってこうした違いが出てくるのですが、
米国ではさらに細かく分類されています。それが、以下の 8 つ です。


  1. ライト ( Light Roast : 浅煎り )
  2. シナモン ( Cinnamon Roast : 浅煎り )
  3. ミディアム ( Medium Roast : 中煎り )
  4. ハイ ( High Roast : 中煎り )
  5. シティ ( City Roast : 深煎り )
  6. フルシティ ( Fullcity Roast : 深煎り )
  7. フレンチ ( French Roast : 深煎り )
  8. イタリアン ( Italian Roast : 深煎り )


となっています。

この 8 段階 の分類は日本でも使われることが多いです。

ちなみに、国内で多く飲まれているのは


 ミディアムロースト  から ハイロースト


のものが中心なので、私たちがコーヒーの味として
頭に浮かぶのはこの段階の 焙煎 のものです。

区別できるようにしておくとコーヒー豆を買うときや、
喫茶店でコーヒーを選ぶ際の楽しみも増えると思います。

では、具体的にどのように違うのか見ていきましょう。

次回は、『 焙煎 8 段階の違いは? 』 です。

『コーヒーの常識』 一覧に戻る | EDIT
コーヒーの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数