あなたには最低限の食の常識はありますか?

珈琲の基本!焙煎8段階の違いは?


『 焙煎 8 段階の違いを把握してみよう 』


焙煎 8 段階の違いは?


前回、焙煎には以下の 8 段階があると説明しました。


  1. ライト ( Light Roast : 浅煎り )
  2. シナモン ( Cinnamon Roast : 浅煎り )
  3. ミディアム ( Medium Roast : 中煎り )
  4. ハイ ( High Roast : 中煎り )
  5. シティ ( City Roast : 深煎り )
  6. フルシティ ( Fullcity Roast : 深煎り )
  7. フレンチ ( French Roast : 深煎り )
  8. イタリアン ( Italian Roast : 深煎り )


この 8 段階は どれくらい焙煎したかを表すものなので、
段階ごとに 優劣 があるわけではありません。


 好みの 焙煎度合い を見分けるための基準


となります。

たとえば、焙煎時間は ライト が一番短く、
イタリアン に近づくにつれて長くなっていきます。

豆の色も黄色みがかった茶色から、熱を加えるごとに焦げていくので
黒に近い色へと変化していきます。

また、味も最初は 酸味 が強い状態なのですが、
少しずつ 酸味 が消えていき 苦み が強くなり、
独特の 香り がするようになっていきます。


大まかにはこうした変化を遂げるのですが、
細かな 味 や 香り、豆の色、などの違いがあります。

これをわかりやすく分類したものがこの 8 段階 です。


ただし、豆の種類によっても違ってくるので、
あくまで基本的な特徴としてとらえておくと良いかもしれません。

そこで、それぞれの特徴を詳しく見ていきたいと思います。


 そ の 前 に 、


「 ハゼ 」 という言葉について理解しておく必要があるので、
このことについて少し触れたいと思います。

次回は、『 ハゼってなに? 』 です。

『コーヒーの常識』 一覧に戻る | EDIT
コーヒーの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数