あなたには最低限の食の常識はありますか?

珈琲の基本!焙煎8段階の特徴と見分け方は?


『 焙煎8段階の特徴と見分け方を把握してみよう 』


焙煎8段階の違いと特長は?


これまで焙煎について説明してきましたが、
今回は焙煎の段階を把握してみましょう。

違いが分かるようになると、
コーヒーを飲む楽しさも増すと思いますよ。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。


ライト・ロースト ( Light Roast : 浅煎り )


最も浅い焙煎度合いのもので、青臭さがあり、
コクも香りも弱いのが特徴です。

この豆を使用して飲まれることはあまりありません。

見た目はうっすらと焦げ目がついている状態で、
黄色がかった小麦色をしています。

焙煎度合いは、ちょうど1ハゼが始まる前くらいの段階です。


シナモン・ロースト ( Cinnamon Roast : 浅煎り )


ライトよりも焙煎を進めた浅煎りで、
まだ青臭さは残っていますが、
強い酸味と香りを楽しむことができます。

アメリカン・コーヒーで使われることが多く、
ブラックで飲んでも美味しいのが特徴です。

見た目はシナモン色で、
焙煎度合いは1ハゼの中間くらいの段階です。


ミディアム・ロースト(Medium Roast:中煎り)


ここから中煎りとなり、酸味が強く、若干の苦みが出てきます。

こちらもアメリカン・コーヒーでよく使われていて、
コーヒーの香りと苦味を楽しめるのが特徴です。

見た目は茶褐色で、焙煎度合いは1ハゼが終わるくらいの段階です。


ハイ・ロースト ( High Roast : 中煎り )


ミディアムよりも焙煎を進めた中深煎りです。

レギュラーコーヒーで使われることが多いので、
私たちが親しみのある味です。

酸味が弱くなる一方で、
苦味や甘味を感じられるようになります。

見た目はやや濃い茶褐色で、
焙煎度合いは1ハゼと2ハゼの中間くらいです。


シティ・ロースト ( City Roast : 深煎り )


ここから深煎りとなり、酸味と苦味のバランスが
丁度いい風味になります。

多くのコーヒー豆で使われる焙煎度で、
レギュラーコーヒーで多く使われており
私たち日本人には親しみのある味です。

酸味よりも苦みが強く、やや焦げた香りがするのが特徴です。
見た目は深い褐色で、焙煎度合いは2ハゼが始まった段階です。


フルシティ・ロースト ( Fullcity Roast : 深煎り )


シティよりも焙煎を進めた深煎りです。

酸味は弱くなりますが、苦みが強く、
焦げた香りがするのが特徴でアイスコーヒーで使われます。

見た目は焦げ茶色で、表面に油脂成分が出てくるので
ツヤが感じられるようになります。

焙煎度合いは2ハゼの中間くらいです。

炭火焼コーヒーはこの焙煎度になり、
食後に飲まれることも多いです。


フレンチロースト ( French Roast : 深煎り )


フルシティよりも焙煎を進めた深煎りです。

酸味はほとんどなく、強い苦みと焦げ臭い
独特の香りがするのが特徴です。

フランスやイタリア、中南米で親しまれている味で、
カフェ・オ・レやウィンナーコーヒー、ヨーロピアンスタイルなど
ミルクを使ったコーヒーに適しています。

見た目は黒に近い焦げ茶色で、表面には油脂成分が
多く見られるようになりツヤツヤしています。

焙煎度合いは2ハゼの終わりくらいです。


イタリアン・ロースト ( Italian Roast : 深煎り )


最も深い炒り方で、酸味はなく、
苦みがかなり強くて濃厚なのが特徴です。

エスプレッソやアイスコーヒーなどに適しています。

見た目は黒に近く、表面には油脂成分が多く見られ
石炭のように黒光りしています。

焙煎度合いは2ハゼが完全に終わった段階です。


これが焙煎の基本8段階になります。

コーヒー豆を選ぶときはよく目にするので、
区別できるようにしておくと選ぶ楽しさも増すと思います。

また、既に焙煎されたものではなくて、
自宅で焙煎することもできます。


自分でも焙煎できるの?


できます。

焙煎キットというものがあるので、これを使えば自宅の
コンロを使って好みの状態に焙煎することができます。

煎りたての豆を使えば味も風味も新鮮なものを
楽しむことができるので、週に一度、美味しいコーヒーを淹れて
ゆったりとした時間を過ごしてみても良いかもしれません。

注意しなければならないのは、強火でやってしまうと
中まで火が通らずにムラができたりするという点です。

また、表面だけが焦げて焦げ臭くなったり、
渋みが出たりすることもあるので、焦らずに
じっくりと丁寧に焙煎するのがポイントです。

試行錯誤しながら、自分なりの最高のコーヒーを
探してみると良いかもしれません。

参考にしてください。

『コーヒーの常識』 一覧に戻る | EDIT
コーヒーの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数