果物の基本!柿の種類はどれくらいあるの?!


柿と一言で言っても、その種類は様々です。
今の時期にレストランに行くと、旬のデザートとして
柿を出してくれるところもありますが、どんな種類の
柿を出してくれているのかも聞いてみると、
また違った楽しみ方ができると思います。

では、さっそく柿の種類を見ていきましょう。


柿の種類はどれくらいあるの?!
柿の品種数は多くて 1,000種類以上あるとも
言われていますが、大まかには2種類に
分けることができます。

甘柿」と「渋柿」です。


【渋柿 (an astringent persimmon)】
渋柿は、実が熟しても果肉が固いうちは
渋が残る柿のことを言います。

代表的な品種は、「平核無(ヒラタネナシ)」と
刀根早生(トネワセ)」です。

平核無は新潟県が発祥で、
刀根早生は奈良県天理市の刀根淑民の農園で
栽培されていた平核無が突然変異し、
1980年に品種登録されたものになります。


【甘柿】
甘柿は、渋柿の突然変異種と考えられており、
日本特産の品種です。未熟時は渋いですが、
熟すに従い渋が抜けて甘みが強くなっていきます。

甘柿は、熟すと常に甘みを持つ「完全甘柿」と、
種の有無・多少により成熟時に渋が残ることがある
不完全甘柿」に分類されます。渋が残ることが
あることから、不完全甘柿を渋柿の一種に
含めることもあるようです。

完全甘柿の代表的な品種は、
富有(フユウ)」と「次郎(ジロウ)」です。

富有は岐阜県瑞穂市居倉が発祥で原木があります。
次郎は静岡県森町に住んでいた松本次郎吉に由来し、
こちらも原木があります。

不完全甘柿の代表的な品種は、
愛知県が発祥の「筆柿(フデガキ)」や
神奈川県が発祥の「禅寺丸(ゼンジマル)」などがあります。


<完全甘柿>
富有、次郎、太秋(タイシュウ)、愛秋豊(アイシュウホウ)、
御所、伊豆、早秋(ソウシュウ)、貴秋(キシュウ)、
晩御所(オクゴショ)、花御所、天神御所

<不完全甘柿>
筆柿、禅寺丸、西村早生(ニシムラワセ)、黒柿

<渋柿>
甲州百目(コウシュウヒャクメ)、蜂屋(ハチヤ)、富士、
平核無、刀根早生、西条柿、市田柿(イチダガキ)、
四つ溝(ヨツミゾ)、会津身知らず、堂上蜂屋柿