果物の基本!渋柿の渋抜きをして甘くする方法は?!


渋柿は食べることができないかというと
そういうわけではありません。
ちゃんと仕事をしてあげれば
食べることができるようになります。
今回はその方法を紹介してみたいと思います。


渋柿を甘くする方法とは?
渋柿を甘くするには、果肉が軟らかくなった
熟柿(じゅくし)の状態になるのを待つか、
干しがきにして渋みをなくすか、
タンニンを不溶性にする「渋抜き」の加工を
する必要があります。


渋抜きの方法とは?
●アルコール漬けにする(樽柿)

●アルコールを掛ける

●35度のアルコールを少量振りかけ(20kg~30kgに湯飲み1杯程度)
 容器(何でもよい)に密封して1週間置く

●乾燥させる(干し柿)。あんぽ柿、市田柿は干し柿の一種

●湯抜き(35℃~45℃の湯に浸ける)

●「米」や「米ぬか」につける

●炭酸ガス脱渋(大量の渋柿を加工する業務用の方法。
 家庭でもドライアイスを使えば可能)