あなたには最低限の食の常識はありますか?

果物の基本!柿のいろいろな利用法を教えて


柿の実は食用として使われますが、
ヘタや葉、木もさまざまなものに利用されています。
今回は、これらのものがどのような使われ方を
しているのかを紹介します。


ヘタの利用方法
柿のヘタは生薬として利用されます。
成熟した柿の果実のヘタを乾燥させたものは、
柿蒂(シテイ「柿蔕」)という生薬という名前で
知られています。これは、しゃっくり・鎮咳・鎮吐に
効果があるといわれています。


柿の葉の利用
柿の葉はビタミンC、KやB類といった
ミネラル分フラボノイドなどを多く含み、
血管を強化する作用や止血作用を持つとされるため、
飲用などで民間療法に古くから用いられてきました。

また近年では花粉症予防に有効とされ、
従来の茶葉としてだけではなく成分をサプリメント等に
加工し商品化されたものも流通しています。

飲用方法としては、5-6月頃に収穫した葉を天日で
乾燥させ粉末化し煎じることが一般的だそうです。
またその殺菌効果から押し寿司を葉で巻いたり(柿の葉寿司)、
和菓子などの添え物にされることもあります。

ちなみに、柔らかい初春の若葉は天ぷらにして食用に出来ます。


柿の木の利用
柿の木の木質は堅いため家具などに使われます。
材質は割れやすく加工するのが難しいため、
建築材としては装飾用以外には使われていないようです。

また、かつてのゴルフクラブ(ウッド)のヘッドには
柿材(特にアメリカガキ)を使った物が多く、
パーシモンの名で呼ばれていましたが、
現在では金属製のウッドが普及したために
あまり使われなくなりました。


渋柿の利用
ちなみに、渋柿は水溶性のタンニンが含まれているため、
和傘や団扇の紙に塗って耐水性を上げるのに
用いられていました。

『フルーツの常識』 一覧に戻る | EDIT
フルーツの常識 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

rino

Author:rino
料理やお酒の知識が足りないことで、いろいろな場面で恥をかいてしまう自分がいる。。。「少しでも知ってたら、恥をかかずに済んだのにっ!」、そんな苦い経験をなくすために、食についていろいろと学んだことを書いていきます。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

訪問者数