料理の基本!きゅうりの塩もみと板擦りの理由は?!


胡瓜を板擦りしたり塩もみをしたりすることってありますよね。
でも、どうしてこのような作業をするのか知っていますか?
今回はその謎について調べてみました。


どうして塩もみをするの?!
塩もみの目的は4つ!

一つ目は、浸透圧を利用してキュウリの水分を排出するためです。
二つ目は、味を染み込みやすくするため
三つ目は、塩味をつけるため
四つ目は、胡瓜をしんなりさせて食べやすくさせるためです。

ちなみに塩もみのやり方は、少量の塩水に放って水気をよく絞るだけ。
胡瓜は水分が非常に多いので、塩もみすることで余分な水分が抜け、
味(調味料)も浸み込み易くなる効果があります。


どうして板擦りをするの?!
板擦りの目的は3つ!

一つ目は、色だし
二つ目は、表面のトゲを取って皮を柔らかくするため
三つ目は、適度な塩味をつけるためです。

ちなみに板擦りのやり方は、
まな板の上でキュウリにたっぷりの塩を振り、
まな板と塩にこすり付けるようにきゅうりを転がします。